大本山清澄寺 研修会館

千葉県鴨川市清澄322‐1
朝のお勤め写経読経阿字観・瞑想料理護摩行・祈祷ヨガ

日蓮聖人縁の地で、森の静寂に包まれる時間

宿坊の紹介

山上の聖地に参篭し、自然と食に癒される

千葉県鴨川市には日蓮宗の開祖である日蓮聖人ゆかりのお寺が2つあります。ひとつ目は日蓮上人が生まれた港町に建つ誕生寺、ふたつ目が12歳の時に初めて修行のために入山した、標高約300mの山中にある清澄寺です。
巨大な杉の木に囲まれた境内の中心には、樹齢が千年を越えると言われ、お寺の歴史を物語る霊木・千年杉が鎮座し、厳かな雰囲気を醸しています。
その境内に至る仁王門の前にあるのが、近代的な鉄筋コンクリート造の研修会館。修行体験などを行う信育道場とつながった配置となっており、ここに宿泊できます。部屋の窓からは荘厳な雰囲気の大堂を眺めることができ、夕方に聞こえてくる鐘の音に、お寺に泊まっている非日常感が味わえます。
また夕食の精進料理は、これを目当てに宿泊する人もいるほど好評を博しています。美しく盛られた料理の数々が、心身を元気にしてくれることでしょう。
夜は境内に出て、空を眺めるのもおすすめです。空気が澄んでいる山の上のため、満天の星が迎えてくれます。

日蓮聖人の足跡をたどる
境内には若き日の日蓮上人が修行をしたと伝わる練行場跡があり、さらに奥に進むと日蓮聖人が初めて「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えて法華経の布教を決意したとされる聖地・旭が森があります。ここは日蓮聖人が太平洋から昇る朝日を見ながらお題目を唱え、開宗を誓ったと伝わる場所。ちなみに旭が森は、日本で一番早く初日の出が昇る地(離島を除く)としても有名で、この日には多くの方が宿坊に泊まります。
ご来光を目的に
清澄寺ではさまざまな体験ができますが、おすすめなのは、旭が森で朝日百選に選ばれたご来光を拝むこと。団体の場合は、列を組み太鼓を叩きながら旭が森まで唱題行進し、旭が森でも太鼓を叩きながらお題目を唱え、昇る朝日を迎える旭日遥拝を行う場合もあります。

修行・文化体験

写経
料理
朝のお勤め
読経
■宿坊DATA
寺社名 日蓮宗 大本山清澄寺
住所 千葉県鴨川市清澄322‐1
電話 04‐7094‐0525
チェックイン 15:00頃
チェックアウト 10:00頃
客室数 和室・洋室計20室
宿泊備考 全館禁煙(指定場所での喫煙可)
設備
冷暖房、金庫、ベット(洋室1室)

アメニティー
アメニティ ハンドタオル、歯磨きセット、浴衣、シャンプー・ボディソープ(浴室にあり)、ドライヤー

アクセス

大本山清澄寺 研修会館
千葉県鴨川市清澄322‐1
TEL : 04‐7094‐0525
〈アクセス方法〉
JR外房線 安房天津駅より 市営バスあり 清澄寺下車 徒歩2分
©WAQOO Co., Ltd. All Rights Reserved.