柿の坊

福島県南会津郡下郷町大字小沼崎字居平甲765
朝のお勤め写経法話料理

山里の恵みを味わい、豊かな教えを学ぶ

宿坊の紹介

住職の思いあふれる温かな宿

会津若松城で有名な会津若松市の中心から車で30分。山間に大川が流れる小さな町に、西福寺はあります。その境内に設けられた宿坊「柿の坊」は、宿坊としては珍しいペンション風の宿です。

柿の坊という名前は、宿坊裏手にある柿の木や、煩悩を渋柿に例えた法話に由来するもの。「自然豊かな環境で法義を聞いてもらい、聞いたことを持ち帰って日常生活を豊かにしてもらいたい」という住職の思いをもとに運営されています。

こういった思いは宿全体に表れており、居心地の良い空間だけではなく、おもてなしを感じる郷土料理も好評。住職への相談や法話を目当てに訪れる方も多い宿坊です。

レトロな趣のある空間
サラリーマン経験もある現住職が建てたという宿坊は、絵本の世界に出てくるようなレトロな建物。「敷居を下げ堅苦しくないように」との考えが表れた、ほっこりとする空間です。

1階には食堂とパブリックスペースがあります。囲炉裏や書棚があり、宿泊客がゆっくり落ち着いて語り合うこともできます。また2階には「聞柿」「共柿」など、柿に由来する名前が付けられた6室の客室が。ベッドが備えられた室内にテレビはありませんが、それがまた心地よい静寂を感じさせます。
地元の郷土料理を堪能
食事は、会津ならではの郷土料理が楽しめます。夜は磨きニシンの天ぷらや棒ダラ煮、山菜が入った具だくさんの汁物など品数も豊富。朝食は、地元産米を炊いたお粥に、鮭や手作りのおかず味噌など。朝食後には、お寺近くに湧く清水で淹れたコーヒーをいただくことも可能です。

「聞いて味わう」をモットーに、提供時には住職が一つ一つ料理の説明を行ってくれます。味の良さもさることながら、田舎の山里で出されるごちそうのような温かみを感じる食卓です。
初心者にも優しいお勤めや法話
朝のお勤めやその後に行われる法話は、初めての人にもわかりやすい説明が好評です。仏教の全体像について聞く機会が少ない人からも「よくわかった」という反応が多いそう。板書を使っての説明を椅子に座って聞くため、足腰の弱い方も安心して参加できます。

お勤めは強制ではありませんが、宿坊旅のお土産としてふさわしい奥深い教えを持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

修行・文化体験

朝のお勤め
本堂にて行われる朝のお勤め・法話を体験いただけます。
写経
本堂にて机にむかい、お釈迦様の説かれたお経の中の「讃仏偈」を写経できます。
●朝のお勤め
【時間】7:00~読経、7:10頃~住職の法話
読み仮名付きの経本をご用意しています。

●写経
【写経セット料金】1部1,000円
【お申込み】ご希望の方はご予約時にお申し込みください。
全部で320字ありますが、全部やり終えなくても自宅に持ち帰って完成される方もおられます。
■宿坊DATA
寺社名 浄土真宗本願寺派 高倉山 西福寺 ペンション 柿の坊
住所 福島県南会津郡下郷町大字小沼崎字居平甲765
電話 0241-68-2159
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
客室数 6室
設備
暖房

トイレ
洋式・共用

アメニティー
浴衣 / バスタオル

お部屋のご注意・ご案内
・11月~4月中旬は冬季暖房費(1部屋500円)が別途必要です。
・素泊まりも可能です。料金については直接お問い合せください。

アクセス

柿の坊
福島県南会津郡下郷町大字小沼崎字居平甲765
TEL : 0241-68-2159
〈アクセス方法〉
電車:会津鉄道「芦ノ牧温泉南駅」より送迎車(要予約)で約3分
車:東北自動車道「白河IC」または「須賀川IC」より約1時間、
©WAQOO Co., Ltd. All Rights Reserved.