圓満院門跡 三密殿 えんまんいんもんぜき

滋賀県大津市園城寺町
坐禅 茶道 その他

寛和三年(987年)に、村上天皇の第三皇子悟円親王により創立された寺院です。

圓満院は三井三門跡の一つであり、開基当時は平等院と呼ばれていました。

藤原道長が宇治に建てた別荘をその子藤原頼道の時代に寺院にするよう命令が下され、平等院(後の圓満院)の明尊大僧正によって完成しました。

悟円親王の子永円親王が初代院主となり、三井平等院の名前を宇治に譲り、現在の宇治平等院の初めとなっています。
一方三井平等院は明尊大僧正によって圓満院と命名され、悟円親王をはじめとして歴代皇族の入室する門跡寺院となりました。
しかし室町時代後期までは、通称三井平等院と呼ばれていました。

明治11年に明治天皇、明治13年と45年に当時東宮でいらっしゃった大正天皇が行幸された由緒ある門跡寺院です。

お寺概要

お寺の名前:圓満院門跡 三密殿
宗派:天台宗寺門派単立
文化財:圓満院宸殿(重要文化財)、

修行・文化体験

  •  
    坐禅
  •  
    茶道
  •  
    その他
修行・文化体験の詳細

圓満院門跡 三密殿のお部屋

客室301号室

客室301号室

お部屋・プラン詳細

近日予約受付開始!

宿泊施設の紹介

閑静な立地のため、合宿・研修など、団体や法人様にもご利用いただいております。とくに、都会では難しい吹奏楽部などの練習は、音漏れを気にせず心ゆくまで演奏できます。シーンに合わせて、お気軽にご利用ください。

設備

  • 共同浴場
  • 庭園
  • 駐車場(要予約)
  • お食事処(そば・うどん)
  • 自動販売機

圓満院門跡 三密殿へのアクセス

圓満院門跡 三密殿 滋賀県 大津市園城寺町 33 35.014562 135.853290
 

圓満院門跡 三密殿

滋賀県大津市園城寺町
坐禅茶道その他

滋賀県 大津市園城寺町 33

【行き方】
最寄り駅からのアクセス
○JR琵琶湖線「大津」駅より車で10分
○京阪電車石山坂本線「浜大津」駅から徒歩10分
または「別所」駅から徒歩5分

お車からのアクセス
○名神高速「大津IC」または「京都東IC」より車で8分
○市内バス(市役所経由)「三井寺圓満院前」下車
駐車場/バス7台~10台、自家用車30台駐車可能

TOP