登録について

テラハクとは

全国の宿泊できる寺社をWeb( スマホやパソコン)で
検索&予約できるサービスです。

『テラハク』は全国の宿泊や体験できる寺社をWeb で検索・予約できる新サービスです。“お寺や神社に泊まる” という、いつもと違う特別な体験を、手軽にもっと身近にすることで、日本の伝統文化をじっくり感じていただくことができます。庭園・修行体験・四季の景観・近隣の名所など、訪れた寺社や地域の文化を、寺社に泊まることで、これまで以上にじっくりと堪能できます。ご住職・神職の方々や地域の皆さまとの対話や交流を通じて、地域の魅力に触れることも醍醐味のひとつです。

登録はこちら

2018年6月15日住宅宿泊事業法(民泊新法)施行。
一部地域のみで可能であった民泊が全国で可能になりました。

テラハクの目的と効果

寺社と地域を活性化させる地域貢献事業

寺社が宿泊者を受け入れることで、過疎化が進む地方への人の流入が期待できます。

寺院・神社が宿泊者を受け入れるということは、周辺地域にも波及効果をもたらします。今までアクセスの問題などで日帰り観光すら難しかった地域にも宿泊することができ、人が長期滞在することで消費金額も増えることから地域復興に大きく寄与します。結果、地域における寺院・神社の存在意義を理解してもらえる絶好の機会になります。

寺社の空き部屋を有効活用

寺社が宿泊者を受け入れることで、過疎化が進む地方への人の流入が期待できます。

ホテルや旅館では、宿泊者を受け付けるフロントや食堂、厨房などが求められる一方で、民泊の場合、生活に最低限必要な居住用のキッチンや、トイレ、浴室、洗面台などがあればそれで事足り、「テラハク」に登録して宿泊者を迎えることができます。
例えば、ご子息が本山に修行に出ていて、しばらく空いている部屋を不在の期間だけ民泊に活用することも可能となります。

地域の方々と生まれる交流

宿泊の営業にはさまざまな仕事がありますが、それらを地域の方々にご対応いただくことでさらなる人と人との交流が生まれます。

民泊を開始することで室内清掃など、さまざまな雇用も創出されます。これらの業務を全てテラハクに委託することも可能ですが、地域の方々にご対応いただければ、寺院・神社と近隣の方々との関係強化にも結びつきます。

文化体験

テラハクは、宿泊施設を選ぶ機能だけではなく、
坐禅などの修行体験も選べる、
寺社に特化したオンリーワンのサービスです。

テラハクを取り巻く環境

インバウンドの増加

東京オリンピックの開催が決まったことも後押しし、観光庁の発表では、2017 年の訪日外国人数は2,800 万人を超え、過去最高を更新しました。また、訪日外国人による消費額も4.4 兆円となり、こちらも過去最高を更新しています。今後インバウンドの数はさらに増えることが予想されており、政府は2020 年に4,000 万人の目標値を掲げています。

国内需要も増える
体験主体の旅行スタイル

ただその土地に行き観光するだけではなく、その地域その場所でしかできない体験を目的とする、体験主体の旅行スタイルへと変化してきています。民泊大手のAirbnb が支持されている理由がここにあります。寺社に特化したテラハクは寺社の宿泊体験、修行体験など特別な体験を望む参拝者に対し最適な情報を提供する場であると考えています。

地方への参拝、観光需要の増加

これまで国内では、東京都大田区・大阪市・大阪府の一部・北九州市でのみ特区民泊の営業が許可されていました。2018年6 月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されることにより、全国で民泊が可能になります。これにより全国多数の寺社が宿泊所として利用することが可能、その地域でしかできない特別な体験を求めて地方への参拝者の増加が期待されます。

テラハクのサポート体制と販売戦略

登録から運営までフルサポート可能

テラハクは単に寺社と宿泊者を繋ぐだけではなく、日本を代表するさまざまなトップ企業と提携し、寺社の民泊スタートをサポートする体制を整えています。
宿泊施設の水回りの修繕や、リフォームが必要な場合は提携先の大手住宅メーカーが頼りになるでしょう。電気やガスについては大手の電気事業者です。運営時の清掃や管理、セキュリティは大手セキュリティ会社と連携。万が一の保険に関しては、東京海上日動火災保険株式会社によるテラハク専用の宿泊保険を提供します。

大手宿泊予約サイトとの連動

大手の宿泊予約サイトでは国内はもとより海外の利用者も数多く、テラハクへの登録を通じて、国内や世界各地へ告知が可能になります。
国内外から訪れる参拝者からしても、寺社に宿泊するということは、普段触れることのない日本の文化を肌で感じ、新たな世界観を獲得できる機会となることでしょう。

三井寺(園城寺)も参加登録

寺社のさらなる魅力発信と地域活性の一助として、琵琶湖一望の名刹、三井寺(園城寺)もテラハクに参加しています。
園城寺は国宝や重要文化財の所蔵点数も全国屈指の寺院で、35万坪という広大な境内を持ち、近江八景「三井の晩鐘」の地としても知られる名刹です。

登録はこちら

TOP